« YSP合同ツーリング、参加者まだまだ募集中です! | トップページ | 9月19日(祝)、20日(火)はお休みいただきます »

2016年9月18日 (日)

これはやっぱり新型YZF-R6!?③

実際にお会いしたことはないものの、もうずいぶんと前からツイッターではつながっている Gotaroさん
ハーレー・スポーツスターのオリジナルパーツをつくっている方ですが、いやいやバイク関連の情報がとにかく早い!いつも参考にさせてもらってます。Blog_160918そのブログで新型YZF-R6がらみのこんな記事が(一部引用させていただきます)。

どう見てもサーキットが舞台のスーパースポーツ(て言うかRシリーズなのは公言されてる)。
大方の予想はしばしフルチェンジが見送られてきたYZF-R6の完全新型でしょう。
かつて3気筒のスーパースポーツ開発中なんて噂もチラホラありましたが、排気音から想像するにこの動画のバイクはインライン4ですよね。
・・・・クロスプレーン・クランクシャフトじゃ無さそうな気もしますが、果たして??
今や完全新規でパラ4の600ccエンジンを造っても「R6」以外に転用しにくいですから、新しいフレームに従来エンジンの改良型を搭載しているのかも知れないですね。

注目したのはここ!実に理にかなった推論です。

YZF-R6が参戦しているWSS(ワールドスーパースポーツ)は4気筒600cc、3気筒675cc、2気筒750ccの公道用モデルがベースのカテゴリー。改造範囲がせまいこともあり、ベースマシンのポテンシャルがもろに戦績に影響します。
とはいうものの、600ccスーパースポーツの各国での売れ行きは凋落状態。レースでは勝ちたいがそこは市販車。売れてないモデルにあまりコストをかけられないのが他メーカーさんも含め正直なところです。

実際、動画の排気音ははっきりくっきり4気筒フラットプレーンクランクの聞きなれたそれ。
コストをかけられない&バリエーションモデルで回収もできない(今さら4気筒のMT-06なんて!)となれば、同じ4気筒600ccでまるっきり新作のエンジンを作るとは思えません。
既存のエンジンに手を入れて新しい排気ガス規制に対応、レースパフォーマンスも向上させていると考える方がすっきりします。
それをこの10年で進化したフレームに載っけて足回りを固めて、電子制御で調教して……いかん、妄想がどんどん膨らんできた(笑)

2015年のYZF-R1のような「エンジンからフレーム、足回りまで全て新作」ということはないと思いますが、はたしてどうなるんでしょう?真相がわかるまであと2週間ちょっとです。
By Gotaroさん、ありがとうございましたの山口

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/    

YZF-R1、YZF-R25、VMAX、MT-09、MT-07、MT-25、XSRなど
ヤマハ2017年最新モデル情報もYSP東大宮にお任せください!
YZF-R15   YSPメンバーズ認定モデル最後の一台!

YSPなら充実の3年保証+ 走行距離無制限のロードサービス付
安心の国内モデル&プレスト逆輸入モデルは「ココが違う!」

ご予約いただいたお客様優先でご対応させていただきます!
「商談ご予約」はこちらからお願いします。

免許取得で2万円サポート!ゲットライセンスキャンペーン!!
エントリーは下記以外の教習所に入校の方でもOKです!
当店用紙設置の提携自動車教習所様は↓

埼玉県自動車学校 いわつき自動車学校 大宮自動車教習所

YSP店舗の無い栃木・茨城地域のお客様

栃木県自動車学校 エントリー用紙ダウンロードはこちら

YSP東大宮6つのコンセプト

30分じっくり試乗!前営業日までの事前予約制です

毎月ツーリングやってます!チャレンジツーリングにもエントリー!

お電話やメールでの整備や修理に関するご質問はご容赦下さい。

ヤマハのバイク専門店 埼玉県さいたま市のディーラーYSP東大宮
〒337-0041
埼玉県さいたま市見沼区南中丸307-6
TEL   048-684-7449

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

|

« YSP合同ツーリング、参加者まだまだ募集中です! | トップページ | 9月19日(祝)、20日(火)はお休みいただきます »

YZF-R6」カテゴリの記事