« XJR1300生産終了モデル | トップページ | 点検・車検料金一部改定のお知らせ »

2017年3月31日 (金)

どぶ汁ツーリング

こんにちは、サービスの近藤です。ほんのり暖かくなってきた3月。常連様オススメの超美味いものを食べに行くためにツーリングに出発です。

Img_8611今回の相棒はこちら、new MT-09TRACERです!   深みのあるリーフグリーンが美しい。日の当たり具合で様々な表情を見せてくれます。
ちなみに、TRACERでは以前に江の島へツーリングにも行きました。

Img_8613集合場所で合流。今回は常連様のYZF-R1(別名:黄色くてでっかいの)、MT-07(別名:MT-07とれ~ちゃ~)、YZF-R25(別名:トリックスター号)が一緒です。
早速圏央道に乗って目的地、大洗へ向かいます。開通したての区間を通りましたが、やはりまだまだ工事中の区間が多く、片側1車線の区間が多い模様。
しかし、道の流れは程よいので下道と比べたら圧倒的に楽です。
Img_8616常磐道に乗った後は一先ず谷田部PAで休憩。やはり4台中2台が黄色だと存在感が違います。

目的地が近いので何も食べずに出発。
出発して間もなく、目の前を白いものが舞っています…。こんな所で雪が降ってくるとは。
もうめちゃくちゃ寒かったです……。

北関東道を進み、降りた後は大洗の市街地を抜けて到着。ここからは歩いて行動です。
Img_8651歩く事5分弱、目的地、『かま家』さんに到着。
予約していたので指定の席に通して頂きます。既にあん肝がスタンバイされていたのでゴリゴリすり潰しながら待機。
暫くすると店員さんがやってきて、鍋を仕込んでくれます。


1
この画像でもうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、これはアンコウ鍋の中でも超濃厚な、『どぶ汁』と呼ばれるものです。
どぶ汁は水は一切使わず、あん肝と味噌をペースト状にしたものを酒で少しだけ割り、後は野菜から出る水分で溶かすだけ。

先ずは、あん肝ペーストを溶いたものにアンコウの身を入れたものだけで頂きます。
あぁぁ…何だこれは……。口の中に込み上げるものがあります。濃厚な汁がアンコウの身に絡みついて、飲みこんだ後もしばらく舌にその余韻を残します。Img_8639続いてはお野菜を入れて暫く煮込み、頂きます。
うおお…何だこれは……。口の中にいろんな刺激がやってきて対応しきれません…。お野菜で少し中和されたとはいえ、相変わらず濃厚な汁にうまみがプラスされて。そう、はかない夢を見させてくれます…。Img_8643最後に、ご飯と卵でおじやにして頂きます。
ぬおお…何だこれは……。超濃厚なあん肝汁、これまで育ててきたうまみがぎゅーっと凝縮されたものが絡みついたお米。お口の中を刺激しまくります。うまく表現できないのが悔しいですが、もう気絶しそうになるくらいです。Img_8650最初から最後まで、もう無言でただひたすら食べてました。
この鍋は僕の人生の中で断然トップです!これは是非とも皆様に食べて頂きたい!!!

幸せな顔で退店。続いてみつだんごが美味しいお店に歩いて向かいます。

向かいます。Img_8653これは…。最近は頻度が上がってきてるような…。
諦めずにもう一軒へ。
こちら、『une cafe WAON』さんで2色の梅コンフィチュールの常陸乃梅ロールケーキにパフェ、梅サイダーを頂きます!程よい酸味、甘み、濃厚なパフェ、全てがうまい!
Img_9030と、あっという間に平らげてふと外を見ると、いつの間にか雨が降っています…。

Img_9032駐車場に戻り、R1のS様は高速で一気にワープするとの事。
残された3人で下道からトコトコ帰る事とします。

ちなみにTRACERは手動でスクリーンを3段階、上にあげることが出来るので一番上へ。これだけでかなりの雨を防げます。
Img_86561時間くらい滝のような雨に降られた後、休憩。いつの間にか晴れてます。ぱぱっとお手洗いを済まして出発。
1時間後、やはりまた滝のような雨に打たれます。ここまで降られるともうどうでも良くなってきます。(勿論ノーカッパ)
Img_8663
寒いので、途中のコンビニでアメリカンドッグや揚げピザなどを補給。黙々と走り、途中蓮田にある『るーぱん』さんでチキン&ポテトとシーフードグラタンを頂きます。
暫く談笑した後解散して帰宅。

ここ最近のツーリングは何かしらトラブルがありますが…、こういうのはめげないのが大切ですね!ハハハハハ……(涙)

新型のMT-09TRACERも相変わらずの乗りやすさ。ツアラーにベクトルを振ってるだけあってかなり快適な走りをしてくれます。
そしてこの型からやはり、アシスト&スリッパークラッチ搭載。めちゃくちゃ軽いです。車両も軽くてクラッチも軽かったらもう言うことなしです(笑)

2同じ09でもMT-09はやはり走りを楽しむのにもってこい。反面TRACERは旅を楽しむのにもってこい。個人的にはこんな印象を受けました。
どんなオートバイでもどうしても存在する得意不得意。分かりやすい例えだとセロー250とMT-25。
セローはオフロードもバンバン走れますが、高速道路などの巡行はちょっとツライ。
対してMT-25は街乗り、高速道路などオンロードはバンバン走れますが、オフロードはツライ、と言うかほぼ走行不可能です。

流石にここまでの極端な開きはありませんが、MT-09とMT-09TRACERにも同じ事が言えると僕は思います。
個性溢れる2台。是非とも店頭でご覧ください!
勿論、今回のTRACER含め2台とも試乗車としてのご用意がありますので是非。
(試乗時の注意事項等はリンク先をご覧ください。)

そして是非!どぶ汁を食べてみてください!かなりまいうーです!!
ただし、旬が3月までなので次回のシーズンまで我慢しなくてはなりませんが、我慢するだけの価値は大いにあります!

それではまた! By近藤
Img_8619_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/   

ZF-R1、YZF-R6、YZF-R25/R3、MT-10/SP、MT-09/TRACER
MT-07、MT-25/03、XSR900、BOLT、TMAX、NMAX、トリシティ
ヤマハ2017年最新モデル情報もYSP東大宮にお任せください!
YZF-R15   YSPメンバーズ認定モデル最後の一台!

YSPなら充実の3年保証+ 走行距離無制限のロードサービス付
安心の国内モデル&プレスト逆輸入モデルは「ココが違う!」

ご予約いただいたお客様優先でご対応させていただきます!
「商談ご予約」はこちらからお願いします。

免許、とりまーす!を2万円サポート!ゲットライセンス
大型免許は5万円サポート!ゲットライセンス・プレミアム
エントリーは下記以外の教習所に入校の方でもOKです!
当店用紙設置の提携自動車教習所様は↓

埼玉県自動車学校 いわつき自動車学校 大宮自動車教習所

YSP店舗の無い栃木・茨城地域のお客様

栃木県自動車学校 エントリー用紙ダウンロードはこちら

YSP東大宮6つのコンセプト & 取扱モデル

30分じっくり試乗!前営業日までの事前予約制です

お電話やメールでの整備や修理に関するご質問はご容赦下さい。

是非一見を!「バイクあるある!」な動画のご紹介です!

ヤマハのバイク専門店 埼玉県さいたま市のディーラーYSP東大宮
〒337-0041
埼玉県さいたま市見沼区南中丸307-6
TEL   048-684-7449

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

|

« XJR1300生産終了モデル | トップページ | 点検・車検料金一部改定のお知らせ »

ツーリング」カテゴリの記事

3000キロカロリーズ」カテゴリの記事