YZF-R25/R3/R15/R125

2024年2月 2日 (金)

YZF-R125/MT-125/XSR125にお得なスターターキット設定!

バイクデビューにお選びいただくことが多い125トリオYZF-R125/MT-125/XSR125、そしてYZF-R15。

「何かつけておいたほうがいいアクセサリーはありますか?」

とご質問いただくことも多いので、おススメのアクセサリーを各モデルごとにピックアップしてみました。
せっかくなので、新車ご成約時のお得プライスもご用意して、まさにスターターキットです!
Blog_240202
詳細はYSP東大宮HPにて。

よろしくお願いします! By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2024年1月27日 (土)

ヨシムラからYZF-R125/R15、MT-125、XSR125用マフラーが発売されます!

実際の発売はまだちょっと先になりそうですが、ヨシムラさんからYZF-R125/R15、MT-125、XSR125用のマフラーが2種類登場です!

まずは大型モデルでもおなじみもR-77サイクロン。
ちょっと小ぶりな“S”タイプです。
21670_01

1706247919_824d09bac12adb54d072f717cd435

1706248414_198991a41a320987bc8593d4ebcd1 

1706248604_628cfd675be6270280c05dc0d1c15

サイレンサーはステンレス、メルマジック(ブラック)、チタンブルーの3タイプ。
価格はどのモデルも一緒で
1706084495_44bef3e0e0497541c58631e611b48
ステンレスが税抜69,000円

1706084512_cce1fa2249a8502944004f618a491
メタルマジック(ブラック)が税抜79,000円

1706084531_4476ce624856286db5b5e2c2e7919
チタンブルーが税抜82,000円です。

もう一つはシンプルな丸型サイレンサーのGPマグナム。
21658_01

1706247698_b600b71c8761e4eb5118c69dff108

1706248227_65d805e7040f42090d2cc7dca39c3

1706248298_fb1a472995b6e69b43678b6f0bef8

こちらもサイレンサーは3タイプ。ステンレス、チタンブルー、カーボンです。
価格はこちらもどのモデルも同じで
1706084255_c645873390addb4700d8f70a846b0
ステンレスが税抜58,000円(安っ!)

1706084267_e9ce5a2797d68173b003cbe0b65f7
チタンブルーが税抜67,000円

1706084276_e0c1930b07ce04930a264bc8233af
カーボンが税抜70,000円です。

もちろんYSP東大宮でご注文、取付いただけます!
よろしくお願いします!

そしてこちらはまだ発売予定ですがXSR125には直管スタイルのストレートサイクロンも!
1706248125_e531dfe3f2fcc9d5c0a44d21e2777
ご期待ください。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2024年1月24日 (水)

ヤマハラインナップのご案内!400cc編

50ccから1000ccまで、幅広いヤマハラインナップを、排気量・免許別にご案内します!

今日は普通自動二輪免許でお乗りいただける車検付き400cc(小型二輪)です。

現在のラインナップはこちら3モデル
Blog_240124
以前ならSR400やドラッグスターシリーズがあって、もう少しにぎやかな感じだったんですけどねぇ。
排気量も300ccと400ccフルサイズではありません。
250クラスの車体に大きいエンジンなので、軽量なのが売りですね。

今、このクラスでもっともご用命が多いのが+70ccの余裕MT-03です。
Mt03_color_003_2023_003_20240124194201
MT-25と同じ軽い車体に+70ccのエンジン、というコンセプトが特にリターンライダーさんを中心にご支持いただいてます。
ここ数年はマットダーググレー(ほぼ黒)のご用命が非常に多いですね。
お得な“はじめてバイク”コンプリートが人気ですが、今なら新車購入用品サポートキャンペーンもプラスされるので本当にお得ですよ!

軽量ツアラー的にご利用いただいているお客様も多いのがこちらも+70ccの余裕YZF-R3です。
Yzfr3a_color_002_2023_003_20240124194201
前傾がそれほどきつくないライポジなのでスクリーンの変更で防風効果をあげ、キャリア&サイドステーで積載を充実させるお客様も多いのです。
ナラシの回転数でも120km/hでちゃうので、東北道でも安心ですね。
こちらも“はじめてバイク”コンプリートが人気。さらに新車購入用品サポートキャンペーンをご利用いただけるので、すっごくお得です!

唯一無二、ヤマハ独自の“LMW”、フロント二輪の安定感が売りなのがトリシティ300です。
Tricity300_color_001_2023_003
250スクーターのXMAXをベースとしてフロント二輪化しているので、シート下トランクもヘルメット2個収納と広々。
その分、車体がちょっと大きいため、ツーリングメインでのご利用のお客様が多いですね。
低速時の安定感が抜群なのでタンデムでお出かけのもおススメです!

さて、次はいよいよ大型自動二輪免許が必要なモデルです。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2024年1月23日 (火)

ヤマハラインナップのご案内!250cc編

50ccから1000ccまで、幅広いヤマハラインナップを、排気量・免許別にご案内します!

今日は普通自動二輪免許でお乗りいただける250cc(軽二輪)です。

現在のラインナップはこちら7モデル。
Blog_240123

250クラスの新定番、昨年のYSP東大宮ベストセラー第二位なのがMT-25です。
Mt25_color_001_2022_003
大きすぎない車体に力のあるエンジン、とっつきやすいライディングポジションで幅広いお客様からご支持いただいてます。
ここ数年はマットダーググレー(ほぼ黒)のご用命が多いのも、定番ゆえでしょうか。
お得な“はじめてバイク”コンプリートが人気ですが、今なら新車購入用品サポートキャンペーンもプラスされるので本当にお得ですよ!

「毎日乗れるスーパースポーツ」の名にたがわず、普段使いからツーリングまで楽しめるSSがYZF-R25です。
Yzfr25a_color_003_2023_003_20240122211701
SSらしいスタイリングながら、前傾がそれほどきつくないライポジなので車体&エンジンを共通とするMT-25とほぼ同じに使えてしまう万能モデル。
見た目の好みで選んでもらって全く問題ありません!
こちらも“はじめてバイク”コンプリートが人気。さらに新車購入用品サポートキャンペーンをご利用いただけるので、すっごくお得です!

昨秋のモデルチェンジにてよりいっそう使い勝手が向上したのが250スクーターのXMAXです。
Xmax_color_001_2023_003_20240122211701
今回のモデルチェンジでスマホ連携の新メーターを採用。ナビも表示できる多機能ぶりが話題ですが、各部ブラッシュアップも抜かりなくて完成度が高まりました。
一部カラーには完売もでているので、ご検討のお客様はお早めに。

YZF-R25と比較される方がすっごく多いのが、最新“R”スタイルをまとうYZF-R15です。
Yzfr15_color_001_2023_003_20240122211701
万能モデルのYZF-R25に比べて、よりレーシーな雰囲気はライディングポジションにも表れてます。足つき、前傾はむしろYZF-R15のほうが厳しいくらい。
とはいえ、150cc単気筒エンジンからくる車体の軽さ(R25比-20kg)、燃費の良さ(50km/Lオーバー?)、エンジンオイル量をはじめとするメンテナンスコストの安さは魅力的。
レンタルバイクもご用意してますので、ぜひ乗って体感してください!

足元フラット、コンパクトなのに高速に乗れる!のが155スクーターのX FORCEです。
Xforce_color_001_2022_003_20240122211701
普段の通勤からたまのお出かけまでお使いいただいているのですが、意外と多いのがリターンライダーさん。
軽くて気軽に乗り出せるのが人気のポイントです。
当店オリジナルの快適通勤コンプリートではお得にローシートやETCが装着できるので合わせてご検討くださいね。

125モデルでの完成度はそのままに、高速に乗れる155化したのがNMAX155です。
Nmax155_color_003_2023_003_20240122211701
パワフルだけど燃費がいいブルーコアエンジン、トラクションコントロールにアイドリングストップ、そしてスマートキーと装備も充実です。
燃料タンクが7.1Lと大きいのもうれしいポイント。
実はヨーロッパでも販売されていて評価もとっても高いんですよ。

唯一無二、ヤマハ独自の“LMW”、フロント二輪の安定感が売りなのがトリシティ125です。
Tricity155_color_001_2023_003_20240122211701
車体が大柄だったり、ちょっと重かったりとネガな部分もありますが、フロント二輪からくる安定感は何事にも代えがたい魅力。
155化でちょっと動力性能に余力ができたのが大きいですね。
その安定感からキャンプツーリングにもピッタリ!ということでコンプリートモデルのご提案もしてます!

あれ、せっかくだから全モデルでコンプリート作っちゃいますか? By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2024年1月22日 (月)

ヤマハラインナップのご案内!125cc編

50ccから1000ccまで、幅広いヤマハラインナップを、排気量・免許別にご案内します!

今日は普通自動二輪免許(小型限定)でお乗りいただける125cc(原付二種)です。

現在のラインナップはこちら8モデル。
Blog_240122

ヤマハのスポーツモデルといえばこれ!軽量コンパクトが売りのMTシリーズを名乗るのがMT-125です。
Mt125_color_001_2023_003_20240121190901
125ccでも装備は充実。
アシスト&スリッパークラッチやトラクションコントロール、見やすく情報が多いメーター、ヘッドライトはLEDと兄弟モデルのMT-25/03に負けない、もしくはそれ以上の内容です。
これなら普段使いから週末のお出かけまで幅広くお乗りいただけそうですよ。

そしてもう一つのヤマハスポーツモデルが“R”シリーズ。その最新“R”スタイルをまとうのがYZF-R125です。
Yzfr125_color_001_2023_003_20240122170901
扱いやすさはMT-125と変わらずですが、意外と本気印のライディングポジションがその気にさせます。
アクセサリーでクイックシフトが用意されているのもその証拠。
高回転までエンジンを回すのが楽しい、クラスレスな一台ですよ。

125トリオ最後はレトロスタイルが好評でいま最も注目度が高いXSR125です。
Xsr125_color_003_2023_003_20240121190901

丸目ライトのシンプルな定番スタイルですが、作り込みの良さはXSRシリーズのそれ。
そして車体色によって雰囲気が異なるのも面白いポイントです。
ブラック、シルバーはネイキッドモデルらしい力強さが、ライトブルーは軽やかな雰囲気、オレンジ(ほとんどレッド)はカスタムが映える、と十人十色。
さて、あなたは何色を選びますか?

「ちょっとそこまで」気軽に走り出せると好評なのがAXISZです。
Axisz_color_005_2022_003_20240121190901
大きすぎない車体はベーシックな作りながら、性能も装備も必要十分。
価格もリーズナブルでセカンドバイクとしてのご用命もとても多いモデルです。
YSP東大宮の一押しスクーターです。

かれこれ20年以上ヤマハ125スクーターの主役をはるのがシグナス グリファスです。
Cygnusgryphus
前モデルのシグナスX時代から、性能と装備は数年ごとにバージョンアップを繰り返してきました。
それというのも多くのお客様にご利用いただいての「お声」があったからこそ。
シグナス→シグナスへのお乗り替えのお客様も多い、ホントの意味での定番モデルです。

今回のラインナップの中で最新の125スクーターがJOG125です。
Jog125_color_001_2022_003_20240121190901
原付スクーターJOGの名を冠する125モデルだけあって、とにかくコンパクトで軽いのが最大のメリット。
シート高も低くて女性ユーザーさんのご用命も多いモデルです。
必要にして十分。
シート下に収納できるヘルメットの種類が限られるのが玉にキズでしょうか。

ヤマハ125スクーターの最上級モデルがNMAX125です。
Nmax_color_003_2022_003_20240121190901
高速道路に乗れる155ccモデルと共通の車体だけあって、その走りの安定感は抜群。
パワフルだけど燃費がいいブルーコアエンジン、トラクションコントロールにアイドリングストップ、そしてスマートキーと装備も充実です。
燃料タンクが7.1Lと大きいのもうれしいポイント。

唯一無二、ヤマハ独自の“LMW”、フロント二輪の安定感が売りなのがトリシティ125です。
Tricity_color_001_2023_003_20240121190901
車体が大柄だったり、ちょっと重かったりとネガな部分もありますが、フロント二輪からくる安定感は何事にも代えがたい魅力。
雨の日や風の日も走りが安定しているので実は通勤需要も多いんですよ。
昨年のモデルチェンジで、見た目はほとんどかわってないですがエンジンから車体まで一新され、より完成度が上がってます。

それぞれキャラの違う8モデルなので、ご自身にぴったりの一台をお選びいただきたいところ。
とにかく維持費がリーズナブルなのが125cc(原付二種)のメリットです!

明日は250cc(軽二輪)クラスをご案内します! By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2023年12月24日 (日)

YZF-R25/R3、MT-25/MT-03新車購入用品サポートキャンペーン、人気用品はこれだ!YZF-R編

11月10日からはじまったYZF-R25/R3、MT-25/MT-03向けの用品サポートキャンペーン5万円分のサポートとあって大変ご好評いただいております!
R25mt25_cp_main

当店の“はじめてバイク”コンプリートには6万相当のオプション付きなので、計11万円相当と太っ腹なキャンペーンとなっております。
YZF-R25/R3の“はじめてバイク”コンプリートはこちら。

YZF-R25/R3で人気の用品は……
Ys_acc17
①クイックシフトキット
ここ最近で急激に対応モデルが増えてきたクイックシフト。Rシリーズではご用命が多いです!

Ys_acc06
②プロテクションパッド
こちらもSSモデルでは定番のプロテクションパッド。Rのロゴ入りがうれしいポイントです。

Ys_acc18
③アジャスタブルブレーキレバー
純正レバーは調整機構がないのでこちらもご用命多いです!YAMAHAのロゴ入りで、色もブルー、ブラックからお選びいただけます。

Ys_acc19
④アジャスタブルクラッチレバー
やっぱりセットで左右交換!調整幅はちょっと少なめです。

以上、4点が人気用品。
ここまでの合計金額は52,690円(税込)なので、差額の2,690円(と工賃)をご負担いただければ取付できちゃいます!

キャンペーンは春まで実施中!
じっくりご検討ください! By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2023年12月20日 (水)

XSR125シルバー、1月8日入荷します!

早くも新年のご案内です!
1月8日に2024年初荷!としてXSR125のシルバーが入荷します。
24_mtm125_wmb_3_h
一番人気はライトブルーですが、いやいやどうしてシルバーもバイクバイクした雰囲気でカッコいいですよ。

明日にはレンタル車となるXSR125が入荷予定ですが、あれ、何色がくるんだっけ……。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2023年12月 4日 (月)

125トリオへのお問い合わせ、ありがとうございます!

この週末もYZF-R125/MT-125/XSR125ヤマハ125トリオへのお問い合わせをたくさんいただきました。
ありがとうございます。

ご質問でもっとも多いのが
「今注文するといつ乗れますか?」
というもの。もっともです。

YZF-R125は車体色によりますが、年内にお乗りいただけます。
Yzfr125_color_003_2023_003

MT-125は当店への入荷日の確定がメーカーからでないため、現時点では「年明け」という返答となってしまいます。
申し訳ございません。
Mt125_color_003_2023_003

XSR125は年内入荷が確定している車両はすべてご成約済み車両となります。
今後の入荷が確定しだい、随時納車日をご案内することとなります。
Xsr125_color_001_2023_003

特にXSR125は発売日前ということもあり、今後の入荷状況が不確定です。
大変申し訳ないのですが、お時間に猶予をいただきたいところです。

宜しくお願い致します。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2023年11月18日 (土)

YZF-R25/R3、MT-25/MT-03新車購入用品サポートキャンペーン、好評です!

11月10日からはじまったYZF-R25/R3、MT-25/MT-03向けの用品サポートキャンペーン5万円分のサポートとあって大変ご好評いただいております!
R25mt25_cp_main

当店の“はじめてバイク”コンプリートには6万相当のオプション付きなので、計11万円相当と太っ腹なキャンペーンとなっております。
YZF-R25/R3の“はじめてバイク”コンプリートはこちら。
MT-25/MT-03の“はじめてバイク”コンプリートはこちら。

ちなみに選べる用品はこんなにあります!
R25mt25_cp_menu
商品詳細はこちらからでご覧いただけます。

このチャンス、見逃す手はないですよ。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

2023年11月 8日 (水)

北米ヤマハでも2024年モデル発表!

ユーロヤマハでの発表から一日遅れにて、北米ヤマハでも2024年モデルが発表となりました。
残念ながらこちらでも(当たり前ですが)噂の YZF-R9の発表はなし。
以前のように北米オリジナルモデルはほとんどなくなってきたので、基本はユーロと変わりません。

ただ、YZF-Rシリーズにて北米独自設定の車体色は健在です。
ユーロと同じヤマハブルー、ブラックの他に

YZF-R7では
Fwbg48awaa2tgm
今までの車体色ホワイトにかわってグレーが登場。
これが国内にも投入されるのか?

そしてYZF-R3では
Fwbgqlbaaa_cuk
シアンホイールのホワイトが登場。
こちらも新鮮ですね。国内投入があるのかな?

Newモデルは出そろったようなので、あとは国内投入の有無と時期が肝要。

面白くなってきましたよ。 By山口

サービススタッフ(正社員 新卒/中途)募集!

| |

より以前の記事一覧